ハロウィンガイジ叩いて悦に浸るみなさんの心は渋谷より汚い

 

 

f:id:gudaguda242:20191031202100j:image

ハッピーハロウィン!!!!!

 

ついにこの季節がやってまいりました!!!

 

日本中がお祭りムードになるハロウィン!!!!

 

え?俺は仮装なんかしてないし、騒いでもいないって?

 

では、あなたが今日ツイートした内容を見てみましょうか!

 

ハロウィンで馬鹿騒ぎするバカ‼️ありえない‼️どこのバカだ⁉️

 

ハロウィンアホ死ね

 

なー言いとけどなー‼️

宗教行事バカにするお前ら‼️

品格がない日本人‼️

許せない‼️謝れ‼️謝れ‼️謝れ‼️どこのゴミの渋谷⁉️

 

クリスマスサイコー‼️

 

今日もバカが逮捕‼️田所警察やるな‼️‼️

 

そう、陽キャが仮装して馬鹿騒ぎ日々のストレス解消をし、それに対し、裏(ツイタ)でそれを叩き、ストレスの捌け口にしフラストレーションを解消させるのが インキャのハロウィンというお祭りなのです!

 

見事な対立構造ですね!

 

ハロウィン無くなって欲しいとか言ってるけど、もし無くなったらあなたたちのストレス解消の手段が一つ消えるし、おもちゃもなくなりますよ!

 

常におもちゃを探してるみなさんは、ハロウィンバカだけではすぐ飽きてしまう。しかし!!!この世はおもちゃ箱!!!おもちゃは壊れてもすぐに新しいおもちゃが手に入るし壊れにくいおもちゃもいっぱいだ!!!

ちなみにこの世界におもちゃを治してくれる人はいません。彼らは壊すことしか考えてないので!壊れたおもちゃを治すことは大人の仕事なのですが、もう大人はいないので。

 

おもちゃ屋さんに行って今人気のおもちゃを見てみましょうか!

環境破壊おもちゃ、表現の自由おもちゃ、女性蔑視おもちゃ、政治という人形劇は何十年経っても変わらない人気の高さ!!!

戦争おもちゃや憲法おもちゃもあるよ!!!

 

献血に行ったらおもちゃがもらえたけど遊び方を間違えて壊れちゃったみたい。。。

おもちゃ専用電車に乗ったら前川みくに怒られた。。。

壊れたおもちゃトリエンナーレを開いたらもっと壊されちゃった。。。

隣のおもちゃ王国では今日も空飛ぶおもちゃで遊んでいるね。。。

 

僕たちはいつになったらおもちゃ遊びをやめられるのだろうか。

それは遊んでくれる人がいなくなった時だろう。

 

 

 

余談

ここからはどうでもいいことを書きます。

読まなくてもいいです。書きたいことはもう書いたので。

オタクとフェミニズムの対立について

なぜ、アニメキャラが注目され叩かれるのか?

それはアニメキャラがオタク向けに作られた女性像であり、その女性像はステップフォードワイフに近いため、この女性像だけがピックアップされ叩かれるからだ。

ステップフォードワイフとは一般的には男性に従順的な女性のことを指す。

フェミニストの共通理念としてこのスッテプフォードワイフからの離脱がある。

海外で日本のアニメ、漫画などの女性キャラをwaifuと表現するが、これは日本人の英語の発音の酷さ(母音を強調しがち)なのと、嫁の意味でのwaifなのだがフェミニストは妻とか嫁とかの表現も嫌うので、これは俺の勝手な解釈だが、さっき述べた理念の意味も込められてるのだろう。

もちろん、アニメキャラ全てがこれに当てはまってるわけではない。例えばきららアニメのキャラはどうなのか、一部を除いて彼らの世界には男性という異性の存在が消されている。あれはホモソーシャル空間なので異性の存在が無くなっているのだが、詳しく述べると、もし異性がいたならば百合は成立しないのである。ラブコメ漫画の幼馴染キャラと本命が対立するように異性が入ると女性同士の関係は友達以上恋人未満のゆるゆり関係がライバル関係になってしまう。

いや、そんなことはないだろう。現実世界の女の関係はみんなライバル関係だと思ってんのかこの童貞野郎と思うかも知れない、いや、まずこれはアニメの話であり、アニメとは我々視聴者という存在がいる。我々の中でどう映るかだ。きららアニメはしばし『美少女動物園』と揶揄される。それはどういうことか。檻の外から美少女を眺めるから自分は傷つかないということである。オタクは自らの男性からの自立を諦めてる生き物なので、自分自身が彼氏となって付き合うという感情移入をするよりも、自分が傷つかないコンテンツを重視し始めます。(青春の絶望を味わうだけなので)百合エロ漫画で男が乱入し3pするのを必死に叩くのもこれ。本来の男性的な自立があるのなら自分との繁殖行為を望みますので。

 

対して、美少女動物園の動物たちは女性としての性が欠けているのです。異性が排除されてるので繁殖行為という競争も発生しないし、自らが女性であるということの自認も薄いのです。

つまり、彼女らは現実の女性と大きく乖離した存在であり、女性の見た目をしながら中身は女性ではないのです。

そのため現実の女性から相手にされず女性恐怖症に陥った、さらに自ら男性であることを諦めたオタクくんたちはこの存在たちしか愛せないのです。

だから百合漫画とかは本番行為はないわけです。彼女らの性も欠けているので。

よくてキス。キスが限界。

結論

そしてここでオタクがホモソーシャル空間で生きてるとしたら、、、

ホモソーシャル住人はホモ嫌悪と女性嫌悪の二つを持っている。

ホモ嫌悪は主に野獣先輩に向けられる。彼の演技や彼のビデオをバカにすることで自我を保つ。これは異性愛者同士の同性愛をみているためである。これでは自分が同性愛好きのホモになってしまうので、野獣先輩をバカにし自分は同性愛者ではないという安心感を得るためです。

 

そして女性嫌悪としてフェミニストとの対立があるのだ。

フェミニストの主張は自分たちの居場所破壊につながるため、今回のような事件では『表現の自由』という盾を使い戦う。

フェミニストだけでなく腐女子との対立もあるわけだが。

 

ちなみに僕が最近見たアニメは『まちカドまぞく』です。