人生100年

医療の発達により、平均寿命はどんどん伸びていき100年になるだろうと言われている。正直100年も生きるつもりはないのだが、もし100年と捉えた時僕はまだ1/5しかいきていない事になる。まだやりたいことやどういきていくかわからなくて当たり前である。しかし、そう考えてしまった場合どんどんやるべきことを後回しにし自堕落で非生産的で無駄な毎日を過ごしてしまう。まだ時間は残っているんだと言うマインドのデメリットである。だから僕は人生30年くらいと再定義し追い込んでいくことが大切なのではと考えた。しかし、僕の自堕落な生活に変化は起きない。ただ単に思い込みが足りないのか。

私は普段バイトをしている。ど田舎の片隅なので1日3000円くらいしか稼げない。早朝のバイトなので朝早いのだが、私が、毎朝日生学園の動画でおはようツイートしている日は大抵バイトの日である。

月に7万くらいしか稼げず、そこから4万程度消費するので3万しか貯蓄されない。

私は来年家から追い出される可能性が高いのだが、(別に家から追い出されるのは都合のいいことなのだ)この足りない貯蓄でどういきていくか。さらに私は心理学を学び心理士を目指すので放送大学に通うのだが、その学費もどうにかしなければならない。

やれやれ。今日も僕は雪かきをしなければならない。